湯島オートキャンプ場 1日目


こんにちは。
最近もっぱら父子3人でのキャンプがメインになりつつあるちるぱる(@chiruparu)です。

2018年10月27日から28日の1泊2日で群馬県みなかみ町にある「湯島オートキャンプ場」に行ってきました。今回も父子3人のキャンプです。
紅葉が見ごろを迎えている中ぶどう狩りに釣り、無料で入り放題の源泉掛け流し温泉と満喫した2日間になりました。
それでは1日目の様子をどうぞ。


天気予報では現地付近は13時頃まで雨、その後もずっと曇りとのこと、アーリーで午前中入りする必要もないのでゆっくりの7時5分出発。
外環に乗る直前の電光掲示板で外環渋滞10kmの表示を見つけC2経由に変更しました。しかもこの日は関越で事故通行止めが発生していた様子。急遽東北道→圏央道経由で関越入りに変更、この通行止めの影響で関越入った後も渋滞なく順調に進み赤城高原SAで休憩です。

もうここまで紅葉が進んでます。これは期待できちゃいますね。雨予報だったはずなのに青空が。このまま晴れてくれることを期待しましょう。

月夜野IC降りた段階で雨が降る気配はなく、なんなら少し時期遅いけどぶどう狩りしたいなーと思って適当に見つけたところへ。

こんな立派なシャインマスカットをチョッキン。食べ放題ではなくもいだ分だけ量り売りという形ではありますが子どもたちも楽しんだのでこれはこれでオッケー。

ぶどう園のおばちゃんからこの奥に釣り堀りあるよと教えられ車で奥に進むこと車で3分。近っ。
「恋腰親水公園」に到着です。ちょうど群馬県民の日(実際には翌日の28日)ということで普段よりも200円安く300円で3匹まで釣れます。

エサの生いくら付けて糸を垂らすとグイグイと引きが。お腹すいてるお魚さんがいっぱいいる様子。これなら飽きずに釣れます。あっという間に3匹釣り上げてその場で捌いてお持ち帰り。前回のリベンジできました。

キャンプ場で塩焼きにして食べることにしましょう。

キャンプ場に向かう道中、山々の色付きが見事。ベストシーズンのようです。キャンプ場受付の「まんてん星の湯」。紅葉してます!

今回のサイトはB-16、川沿いの電源なしサイトです。

今回はスムーズに設営完了しました。一応、ハロウィン仕様(笑)

ハンモックスタンドもフィールドデビューもしました。詳細は近いうちにアップします。

ムスメちゃん、激しいぶらんこのように振り回してました。流石にそこまでの揺れには耐えられなくハンモックスタンド倒れてしまったので、ちょい手直ししましょうかねぇ。

しかし断崖絶壁が凄い。

おやつ代わりに無印のバターチキンカレーとナン。好評であっという間にナンが無くなってしまいました(涙)

ひと息ついたところで温泉に行きましょう。ここも源泉掛け流しの贅沢仕様。しかもキャンプ場利用者は無料で入り放題。いぇい。

無料とは思えない立派さです。夜19時までなのが惜しいところ。19時間際にもう一回入りに行きます。

やっぱりここでもぷしゅっとね。一緒に入ってた他のキャンパーさんに美味しそうですね!とお声がけいただきました。
露天風呂でのぷしゅはたまらんです。オススメですよ。

夜はもちろん焚き火をしながらの日本酒タイム。
ハロウィンですからね、このタイミングしかないというお酒をチョイスしてきました。
「たかちよ HALLOWEEN LAVEL さかずきんちゃんVer」

ホカペ無いなかで寒さに凍えず寝れるとよいのですがどうなるでしょうか。

ブログランキング参加しています。
にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)